1、二重まぶた 小さい目が弱点

「目だけした」最近よく聞くセリフである。目を整形すると言う事はそれほど大それた事ではないと言うことだ。目ぐらいならみんな整形するのだ。というのが最近の常識となってきている。特に一重まぶたの人が二重まぶたにすると言う事は最も一般的な整形で、すでにあたり前と化している。

整形に対する認識が自由になりながら今は二重まぶたの整形程度は愛嬌水準になった。 '目を整形した'という話はまもなく"他の人々もすべてすること私もしただけよ"という意思の堂々としているということだろう。 保守的と言われる日本人男性も配偶者や恋人の二重まぶたの整形程度は寛容に理解したりかえって積極的に薦めたりもする。

それだけ容貌が競争力の時代でその競争力を整えるためには整形が必要な場合もある。整形を考慮する時やむを得ず一番最初に選択される部位は大部分の顔で、その中でも耳目口鼻を決定する'目を二重まぶたにする'整形が昔も今も人気だ。

二重まぶたの整形は美しい目でより一層かわいくなるためにもするが、大部分は小さくて三日月に見える目を克服しようと思う場合が多い。現在はサンコプル手術他にも前ひらきと後ひらきを併行することができるようになったしそれによって以前よりはるかにすがすがしくて自然な目つきを作ることができる。
二重まぶたの整形の前ひらきと後ひらきに対してもう一度具体的に調べてみようと思う。

先に前ひらき。この頃の大勢は二重まぶたが人気だ。目と目の間が遠く見えて目が小さくて苦しい感じを与えることができる。既存の方法が傷跡と再発の短所があった。前ひらきは傷跡を目の内側に作って外で見えない方法を使わなければならない。
この方法は前をねじる程度を思いのままに調節が可能で傷跡心配がなくて自然だ。前ひらき手術を通じてすがすがしくて魅力的な二重まぶたになることができることだ。

次には後ひらき。後ひらきは目の横幅が短くて二重まぶた手術にも満足な結果を得るのが難しかったりまなざしが目の形態に比べて過度に上がって鋭い印象を与える時にする手術法をいう

手術は目じり部位を切開した後外側でピル姑息な手段ぐらい解除した後に目じりを望む位置に固定して目の長さをより長く見えるようにして、目じりが鋭く上に上がった場合には目じりを最近好む微笑み尻尾や善良な目を持てるように下ろす。 欠点が全く残っていないという大きな長所がある

この他にも状況によって手術要領が変わる目つき矯正法は多い。目つき校正というのはもう少し正確な相談を通じて企画される手術だ。前ひらきならば前ひらき、などと同じように特定するように区分されるのではない、筋肉を短縮させるのを基本とするものの分析を通じて一緒に並行できる手術を選択して効果を極大化させることが目的だ。手術当事者を初めて見る人ならば手術の有無を計ることができない程自然だから不安要素は殆どない。

目つき校正は前ひらき、後ひらきでなくとも目の上下、両側まで大きくなるようにできるために望む目の模様を作ってくれるのに限界がない。まぶたが下へひどく後れを取ってさらに瞳を分ける場合もありふれているが、このような場合には眼瞼下手矯正術が使われたりもする。